• パスワードをお忘れの方
  • 入会希望の方
  • サイトマップ
  • English
  • お問合せ

組織構成
 

模倣対策部会

模倣対策部会の活動報告一覧へ

Get ADOBE READER

Adobe Reader最新版のダウンロードはこちらから
Acrobat及びAcrobatロゴはAdobeSystemsIncorporated(アドビシステムズ社)の商標です。

模倣対策部会について

設立趣旨
いわゆる模倣品の問題はブランドを脅かす重大な問題であるという認識からその具体的対応の情報共有を目指し設立されました。
対応する知財権としては、もちろん商標権が主体ですがテーマとして不競法、意匠権なども俎上に上ることもしばしばです。
活動概要
毎月第2金曜日に定例会を開催。夏には合宿形式で深い議論を行います。
毎回2社が事例を発表し、成功、失敗の経験を共有します。
参加業種が多岐にわたるため他の場では得られない貴重な情報が共有できています
また、メーリングリストを活用し、随時情報交換をおこなっています。
今期重点活動、課題
昨年から「中東における模倣対策」「インターネットにおける模倣対策」の2テーマで小グループ活動を行い、夏合宿での各グループの発表と討議をひとつのターゲットとして活動を展開しています。
活動に参加することによって得られる情報、成果
参加企業の種類が非常に広範であること、当該分野での経験豊かな専門家、特許庁、経産省などからのオブザーバ参加もあること、から他のいかなる同種の集まりよりも最新、最深の情報が得られると思います。
参加者に望むこと、参加申込み方法
参加者には積極的な関与をお願いしています。逆にいえば、他のメンバーに何らかの情報を与える、もしくは部会のいろいろな係を受け持つなどの貢献をいただくことを参加の条件としています。「ただ聞くだけ」というのは認めません。
参加は通常オブザーバとして見学していただき、幹事会(部会長、副部会長)に意思表示していただきます。