• パスワードをお忘れの方
  • 入会希望の方
  • サイトマップ
  • English
  • お問合せ

活動報告
 

2016年の活動報告

2016年12月1日 実務検討部会 報告者: 髙畑 聖朗

12月例会 商品・役務の類否 輝特許事務所 和田光子 弁理士

日 時2016年12月1日(木)15:00~17:00
★例会終了後は、講師を囲んで懇親会を開催します。
 
テーマ「商品・役務の類否」
《講師のコメント》
 商標法における商品・役務の類否に関する基本的な考え方、
特許庁が採用している類似群コードの考え方の説明に加え、
近時の審判決の中から、商品・役務の類否が争われた事例を紹介します。
 また、2017年1月から、類似商品・役務審査基準が改訂されますので、
その変更点の説明に加え、企業の商標担当者が出願時又は拒絶理由対応時に
注意すべき商品・役務に関するポイントについても説明する予定です。

講 師輝特許事務所 和田 光子 弁理士
申込み申込者数:49名<うち懇親会10名+和田先生>
《受付期間》10月20日(木)~11月28日(月)
✔ このページの「参加フォーム」からお申込みください。
✔ 懇親会申込後のキャンセルは、11月28日(月)までにお願いします。
✔ 11月29日(火)以降に懇親会の申込みをキャンセルされた場合は、
 会費の額(3,000円)を請求させていただきます。

 ◉実務検討部会は、日本商標協会の会員であれば、どなたでも参加することができます。

 ◉会場設営、配布資料及び懇親会の準備に加え、Webサイトの利用率の向上を図るため、

  「参加フォーム」からのお申込みにご協力願います。

 ◉各回において使用した資料は、次の回の開催時に部数を限定して配布しております。

 ★このページの内容は随時アップデートします。

 実務検討部会長 高畑聖朗(日本郵政株式会社)